So-net無料ブログ作成

和食の鉄人中村孝明の作るアレンジインスタント麺「あっさり塩ラーメン」 [料理]

和食の鉄人中村孝明(なかむら こうめい)が作り出すアレンジインスタント麺

テレビ朝日の新番組「アレはスゴかった!!」で料理人が作るインスタント麺がスゴイということで紹介されました。
鉄人もラーメンが好きだそうで夜食などでインスタント麺を作ることがあるそうです。


作るのは塩味のインスタント麺で「あっさり塩ラーメン
すりおろした玉ねぎとハムをサラダ油で炒めます。
玉ねぎはみじん切りよりもすりおろした方がスープに絡みやすいのですりおろして使います。

和食では昆布とかつおでダシを取るところ、その代わりを玉ねぎとハムが務めます。
昆布のグルタミン酸を玉ねぎが、かつおのイノシン酸をハムが代用します。


ある程度火が通ったら、お湯を入れて麺をほぐしながら煮込んでいきます。
付属の塩スープとしょう油大さじ1で味付けをしていきます。


さらに、あっさりさせるために酸味としてレモン汁を大さじ2ほど加えます。
仕上げにレモンの酸味だけだととがった酸味になるので刻んだ梅干をのせまろやかな酸味に、香りづけにレモンの皮を削ったもの、色味づけに万能ねぎを飾ったら完成です。


お家で簡単豆腐屋さんから学ぶ豆乳で作るできたて湯葉&豆腐の作り方 [料理]

豆腐屋さんが教えてくれる家庭で簡単に豆乳で作るできたて熱々の湯葉&豆腐

東京都葛飾区にある豆腐屋「気合豆腐埼玉屋」店主の新井弘幸さんが教えてくれました。
無題.jpg


ポイント①
豆乳は焦げやすいので温めるときは必ず湯煎にかけ80℃くらいに保つ

ポイント②
豆乳は大豆固形成分11~12%の無調整豆乳を使用
スーパーなどに置いてあるところもあります。





ポイント③
火加減は弱火で豆乳を沸騰させない


表面に膜が張ってきたらうちわなどで風をあてると湯葉のはりが良くなります。
あとは、箸などですくって食べることができます。


最後の湯葉は火を止めてから取ります。
すると、温度が70℃くらいまで下がってきていますので、そこににがりを入れて豆腐を作っていきます。
豆乳500ccに対してにがり6ccが目安です。


ポイント④
にがりを入れたらゆっくりと8の字を描くように混ぜます(10回程度)。
蓋をしてとろ火で10分加熱したら豆腐の完成です(この時も湯煎です)。




レモンを塩に漬けておくだけ!簡単調味料「レモンソルト」の作り方と井澤由美子さんおすすめレシピ「カリカリチキンソテーレモンソルト風味」 [料理]

レモンを塩に漬けておくだけで簡単に出来る調味料「レモンソルト」

レモンソルトは、レモンを丸ごと塩漬けにして発酵させたもので北アフリカのモロッコでは調味料としておなじみで、タジン鍋の煮込み料理などに使われています。
無題1.jpg

漬けたては酸味も塩気も尖っていますが、時間が経つうちになじんでいき、塩にレモンの香りが移ってとても使い勝手のいい調味料になります。
レモンソルトの作り方を紹介してくれた料理研究家の井澤由美子さんは6~7年物のレモンソルトがあるそうでここぞというときにしか使わないそうです。
塩に漬けてあるので時間が経っても腐らずに、時間が経てば経つほどにとろみも出て熟成感が増すそうです。
無題2.jpg

レモンソルトの作り方
材料
レモン(国産) 4~5個
粗塩 1kg


用意するものはレモンと塩これだけです。
レモンはヘタをとったら、半分を7~8mm幅にスライスし、もう半分は約1/4の大きさに乱切りにします。

次に容器の底が隠れる量の塩をまず入れたらレモン、塩、レモンと交互に重ねてサンドしていきます。
最後にフタをするように塩をたっぷり加えたら容器のふたを閉めて冷蔵庫で1週間ほど寝かせてレモンの水分が出てきたら完成です。



おすすめレシピ
カリカリチキンソテーレモンソルト風味
材料
鶏もも肉 250g
レモンソルト液 小1/2

鶏肉にレモンソルト液をかけて下味をつけるとふんわりやわらかくいい香りの塩味がつきます。
使用するレモンソルト液は塩によってレモンの水分が外に溶けだした上澄み液だけを使います。

軽くもみこんで15分おいといてあとはフライパンでこんがりと焼くだけです。

1.jpg

カルディ味噌パウダーのおすすめの食べ方「味噌バニラアイス」 [料理]

世界中の輸入食材やコーヒー豆を取り扱うカルディコーヒーファームから調味料として使える「味噌パウダー」が万能だと話題になっています。

無題.jpg

白味噌パウダーと赤味噌パウダーの2種類があります。
食材にかけるだけで、味噌の自然な旨みが広がる万能パウダー、味噌そのものの味が凝縮されたマイルドな味わいです。
カルパッチョにシーズニングとして、魚にまぶして焼くとみそ焼きに、炒め物、チャーハンなどの調味料としていろいろなアレンジに便利です。



おすすめの食べ方①
味噌バニラアイス
バニラアイスにお好みの量の味噌パウダーをかけるだけの簡単レシピです。
アイスに味噌なんて合うのかと恐る恐る試してみると…味噌の風味と塩気がやみつきになる人続出中のイチオシの食べ方です。
味噌パウダーは赤味噌パウダーでも白味噌パウダーでもどちらも相性が良く、好きな方をお好みで。

無題3.jpg



おすすめの食べ方②
カップ味噌汁
乾燥した具材と合わせるだけの簡単味噌汁です。
マグカップに味噌パウダーとお好みの具材を入れてお湯を加えたら、マグカップでおしゃれな味噌汁の完成です。

材料(1杯分)
味噌パウダー 小さじ2
かつおぶし 大さじ1
お好みの具
お湯  160cc

無題1.jpg



おすすめの食べ方③
赤味噌パウダーで焼きうどん
焼きうどんの仕上げにパパッとかけるだけでコクが引き立つ焼うどんになります。
味噌パウダーはソースベースの炒めものと相性が抜群で、コクが深まるので他にもソース焼きそばなどにもおすすめです。

材料(2人前)
赤味噌パウダー 大さじ2
ゆでうどん 2玉
豚薄切り肉 200g
ショウガ 大さじ1
キャベツ 1/4個
タマネギ 1/2個
ニンジン 1/2本
ピーマン 2個
ウスターソース 適量
サラダ油 適量
塩、黒コショウ 適量


作り方
まずは材料を切っていきます。
豚肉は3㎝くらいの幅に、ショウガはみじん切りにします(ショウガがなければショウガのチューブでもOKです)。
キャベツは2㎝角くらいの食べやすい大きさに、タマネギ、ニンジン、ピーマンは5mmくらいの短冊切りにスライスします。

具材の準備ができたら、熱したフライパンにサラダ油を入れショウガ、豚肉、野菜の順に加え炒めます。
野菜がしんなりしてきたら、うどんをほぐしながら炒めていきます。

塩、こしょう、ウスターソースで味を調えたら、仕上げに味噌パウダーを振りかけて完成です。

無題2.jpg





はなまるマーケット:陳建一の7分で出来る「オレのスピードカレー」簡単家庭料理 [料理]

12月6日放送の「はなまるマーケット」コレおいしい!のコーナー

陳建一さんの最終日の料理は7分で出来る「オレのスピードカレー」です。
無題.jpg


材料(4人分)
タマネギ   1個
ジャガイモ  1/2個
ニンジン   1/2個
鶏もも肉   250g



まずは材料を切っていきます。
タマネギ、ジャガイモ、ニンジンをみじん切りにします。
ジャガイモのように硬いものは上から薄くスライスしてからみじん切りにすると早くできます。
カレーでは珍しいかもしれませんがみじん切りにすることで火の通りをよくして時短になります。


鶏肉は包丁を平らにして大きく開いていきます(この切り方を観音開きといいます)。
開いたお肉を包丁の刃でたたく感じで筋切りしたら1㎝角の大きさに切ります。
ひき肉を使ってもいいんだけど、やっぱりもも肉の方がうまいそうです。


コレおいしいポイント
材料に下味をつける
塩小さじ1/2、コショウ少々、紹興酒大さじ1(なければ日本酒でOK)、卵大さじ1を入れてよく混ぜていきます。
ある程度混ぜたら片栗粉大さじ2を入れてさらに感覚として重たくなってくるまでしっかり混ぜます。
このひと手間で鶏肉がパサパサしなくなります。



続いて、サラダ油大さじ1をひいて強火で鶏肉を炒めます。
色がつくくらいまで焼くと後で食べたときの香ばしさになります。
パチパチと音がするようになってくるとOKサインですのでお肉を返しましょう。


野菜は一気に入れて強火のまま炒めます。
野菜がしんなりしてきたらカレー粉大さじ5を入れてさらに炒めていき、全体にカレー粉の香りをつけていきます。
さらに豆板醤(トウバンジャン)大さじ1入れて炒めます(豆板醤は炒めることで香りが出ますのでしっかり炒めます)。
鶏ガラスープを600cc入れて煮込みます。


コレおいしいポイント
チョコレートを少量(10g)加える
チョコレートを入れることでまろやかになりコクが出ます。



仕上げに調味料で味を調えます。
塩少々、オイスターソース大さじ1、しょう油大さじ1、コショウ少々を入れて味見をしてOKなら火を止めて水溶き片栗粉大さじ3を入れます。
強火でぽこぽこ泡が出てくるくらい煮込み、お好みで最後にラー油をかけたら完成です。


はなまるマーケット:陳建一のコレおいしい「オレのピリ辛チャーハン」簡単家庭料理 [料理]

12月4日放送の「はなまるマーケット」コレおいしい!のコーナー

陳建一さんの3日目の料理は「オレのピリ辛チャーハン」です。
無題.jpg

回鍋肉(ホイコーロー)をチャーハンにしたイメージだそうです。

材料(二人分)
キャベツ    1/6個
ピーマン    1個
赤パプリカ   1/2個
豚ばら肉    120g
卵        2個
ご飯       400g
わけぎ     1本
おろしにんにく 小1個


まず材料を切っていきます。
キャベツは1㎝角くらいにざく切りにピーマン、赤パプリカは小さめに5mm角くらいに切ります。
材料は小さめに切ることで1口食べたときに全部の材料が食べられるます。
豚ばら肉は1㎝幅くらいの細切りにします。


コレおいしいポイント
卵はよく混ぜてコシをなくし、予めご飯に卵を混ぜておきます。
そうすることでご飯に卵がからまりやすくなるのでパラパラだけどしっとり感が出ます。
ご飯は温かいものの方が卵とからまりやすくなるのでおススメです。



大さじ2杯の油を入れたら先ほどの卵を混ぜたご飯を入れて強火で焼きつけます。
最初は鍋を振らずにお好み焼きを焼く感じにしておくと卵に火が通ってきてパラパラになります。
ご飯がパラパラになったら一度ボウルにあけておきます。


続いて、油を少量ひいたフライパンに豚ばら肉を入れて中火で炒めていきます。
豚肉から染み出てくる脂が旨みを引き出します。

そこにおろしにんにく小さじ1、豆板醤(トウバンジャン)大さじ1、甜麺醤(テンメンジャン)大さじ1を入れて炒めていきます。
甜麺醤がない場合は味噌をお酒で伸ばしてペースト状にしたもので代用できます。

調味料がよくなじんだらラー油大さじ1を入れます。
そして、野菜を入れてキャベツがしんなりするくらいまで炒めていきます。

野菜が炒まってきたら調味料を追加で入れます。
お酒大さじ1、しょう油大さじ1、こしょう少々と隠し味に昆布茶を少々入れます。


ご飯を戻して強火で具材と合わせていきます。
最後にわけぎ(ネギ)を入れて完成です。


明日のオレ流料理は「オレのしゃぶしゃぶ」です。

はなまるマーケット:コレおいしい!陳建一の簡単家庭料理「オレのチャーメン」 [料理]

12月3日放送の「はなまるマーケット」コレおいしい!のコーナー

陳建一さんの2日目の料理は「オレのチャーメン」です。
無題.jpg

材料(二人分)
ホタテの貝柱缶   1缶
さつまあげ      1枚
ニンジン        1/3本
白菜          1/8個
カニ風味かまぼこ  4本
長ネギ         1本
ショウガ        10g
チャーメン(あげそば) 1玉

さつまあげとカニ風味かまぼこを細切りにします。
細かく切ることで一口食べたときに全部の食材が口に入るようにするためです。


白菜は一番甘くておいしい芯の部分を使います。
繊維を断ち切るように1㎝幅に切っていきます。


ニンジンは5mmくらいの細切りにし、しょうがは横に1mmくらいの薄さにスライスし向きを変えて同じように1mmの薄さでカットして刻んでいきます。

ネギは縦に1本切込みを入れたら半分くらいから折り曲げて、重なった部分から斜めに2mmくらいの細切りにしていきます。
ここまで下準備です。


ここから調理に入ります。
大さじ1の油をしいてネギを強火で焦がさないように炒めます。
ネギを炒めてシャーッと音がしてきたらニンジンを入れて炒め、ツヤが出てきたくらいでさつまあげとカニかまぼこを入れます。

さっと炒めたら最後に白菜を入れて軽く炒めます。
お好み焼きを作るように真ん中に集めて、その上にほぐした貝柱を汁ごと入れます。

コレおいしいポイント
カップ1杯分の牛乳を入れることでコクが増します。


牛乳だけだとたれとして水分が足りないので食材を平らにして浸るくらいに鶏がらスープを足します。
砂糖をひとつかみとお酒大さじ1を入れたら強火で鍋にボウルをして蒸します。
触ってボールが熱くなったら弱火にして4,5分待ちます。


コトコトと音がすればOKです。
ボウルをとるときは片側だけ開けてまず蒸気を逃がします。


味見をして足りない分の調味料を足していきます。
塩、こしょう、オイスターソースを少々入れて、火を止めてから水で溶いた片栗粉大さじ3を回し入れたら強火でしっかりと火を通します。
バチバチと音がしてくるまでしっかり火を通したら最後にネギ油を入れるとコクが増します(ネギ油がない場合は普通のサラダ油でもOK)。


市販のチャーメンを手でほぐしておき、その上に作ったあんをかけたら完成です。

はなまるマーケット:陳建一の簡単家庭料理チーズでイタリア料理風「オレのエビチリチーズ」 [料理]

12月2日放送「はなまるマーケット」コレおいしいのコーナー

中華の鉄人として有名な陳建一(ちん けんいち)さんが家で作っているオレ流簡単家庭料理
無題1.jpg

オレのエビチリチーズ
材料(4人分)
むきエビ      150g
ナス         1本
トマト        1個
ピザ用チーズ   適量
ネギ        10㎝
バゲット      1/2本
シグレット     適量


まずはエビの下準備をします。
さっそくのコレおいしいポイントです。
エビに塩、こしょうを少々かけて下味をつけ、卵白と片栗粉で衣をつけます。
塩、こしょうはほんの一振り、卵白は表面に薄く(指先で軽く2つかみ程)つくくらいし、片栗粉も1つかみ加えて混ぜます。
エビに衣をつけることで旨みを閉じ込め、火を通しても逃げません。


ナスは皮をむいてエビと同じ大きさに切り、トマトは粗みじん切りにします。

エビは低温の油で揚げていきます。卵白が固まるくらいのおよそ100℃が目安です。
高温の油で揚げるとエビがくっついてしまいます。

ナスは高温の180℃で揚げていきます。さっと色がついてきたらOKです。
冷たい油はとろっとしていて、熱い油はサラサラしてきます。


続いてソース作りです。
おろしショウガ大さじ1、おろしにんにく大さじ2/3、豆板醤大さじ1、ケチャップ大さじ1、油大さじ2を入れて強火で炒めていきます。
発酵調味料は炒めることで香りと旨みが出てきます。

ここにトマトを入れていきます。ここでコレおいしいポイントです。
トマトをよく炒め、甘みと酸味を出していきます。ここがおいしいポイントです。
ソースをかき混ぜたときにジューッと水分が飛ぶような音がするようにかき混ぜるのがいいそうです。
最後に辛いのが好きな人はひとまわしくらいのラー油を加えるとOKです。

まわりに澄んだ油が出てくるまで炒めると完璧です。
そこに先ほど揚げておいたエビとナスを入れます。

さらに鶏がらスープ150cc、砂糖、塩、こしょうを少々(ひとつかみ)加えてお酒大さじ1、ネギのみじん切りを入れます。
水溶き片栗粉でとろみ付けをします。
優しく混ぜてあげて、お酢を小さじ1ほど加えたら土鍋などに移します。


チーズをかけて1分くらい弱火にかけたら、火を止めてふたをして蒸らします。
ふたをする前にシグレット(なければ万能ネギでもOK)を振りかけます。


チーズが溶けるまで待ったら完成です。
バゲットにのっけて食べたらおいしそうです。




はなまるマーケット:彼ごはんSHIORIさんのコレおいしい [料理]

11月28日放送のはなまるマーケットのコレおいしい!のコーナー

今週の担当は「作ってあげたい彼ごはん」シリーズのSHIORIさんこと岡田史織(おかだ しおり)さんです。
ダウンロード (3).jpg

旬の食材を使っての料理を紹介していただきます。
今日の旬野菜は香りと彩で食欲をそそる和食の名脇役ネギです。
加熱するととろりとした食感と甘みを楽しめます。
ダウンロード.jpg


今日作っていただく料理は「ネギ塩豚のスタミナ丼」です。


材料(2人分)
豚ばら肉(薄切り)   150g
ネギ           1本
鶏ガラスープの素   小さじ1
ごま油         大さじ1/2
サラダ油        大さじ1/2
塩            小さじ1/3
レモン汁        大さじ1/2
黒コショウ       適量
(とろろ)
大和芋         250g
カツオだし       50cc
卵            1個
しょう油         小さじ1
白ゴマ         小さじ2
みりん         小さじ1/2



まずは、ネギを刻んでいきます。
縦に数本切れ目を入れてから小口切りにするとみじん切りになります。

コレおいしいポイント
ネギを調味料とあわせたネギ塩ダレを作ります。
塩、鶏がらスープの素、レモン汁、サラダ油、ごま油、粗びきの黒コショウを指4本くらいでひとつかみ入れます。
焼き肉屋さんなどではこのままお肉にのせて食べることが多いですが、今回は加熱して使います。


豚ばら肉は食べやすいように4㎝くらいの幅に切ります。
薄く油をひいたフライパンで豚ばら肉を中火で軽く焼き色がつくまで炒めていきます。
そこにネギ塩ダレを加えてネギがしんなりするまでサッと炒めます。

加熱することでネギの辛みが抜け、豚肉の旨みをネギが吸います。
少しとろっとしてきたところで火を止めます。


スタミナ丼ということでとろろを一緒に食べます。
大和芋をすりおろし、だし汁、卵、みりん、しょう油、白ゴマを加えよくかき混ぜます。

ご飯に先ほど作ったとろろをかけてその上にネギ塩豚をのせて、最後に刻みのりをトッピングしたら完成です。
無題.jpg

ネギ塩豚とさっぱりしたとろろの相性が抜群です。



はなまるマーケット:火曜得捜隊1人前100円のおいしい鍋選手権 [料理]

11月26日放送「はなまるマーケット」1人前100円のおいしい鍋選手権

エントリーNo.1土田裕美子さん
つみれと鶏団子のお助け鍋:96円
無題.png

これまでも番組内でアイディア料理を披露してきたスーパー主婦の方です。

100円鍋のお得ポイント
ひと手間で香り・旨み・ボリュームが倍増する鍋・・・減るのは予算だけ!


材料(4人分)
鶏ひき肉 100g:70円
もやし   1袋:25円
長ネギ   1本:54円
木綿豆腐 2/3丁:48円
ちくわ    1本:89円
白菜    1/8株:49円


まず、鶏団子を作ります。
鶏ひき肉100g、もやし1/5袋、みじん切りにした長ネギ大さじ1、片栗粉小さじ1、塩・コショウ少々、酒大さじ1を加えて混ぜていきます。
もやしが折れていい感じの大きさになります。

続いて、つみれを作ります。
ちくわ1本、木綿豆腐2/3丁、片栗粉小さじ1、七味唐辛子小さじ1/2、塩少々をフードプロセッサーで混ぜていきます。
ちくわがいいダシとなります。

そして、お鍋のスープには水1リットルと、昆布茶小さじ1を合わせます。
2種類の団子でボリューム感をだし、残りの野菜を加えたら塩で味を調えます。

最後に仕上げとして焦がしネギをトッピングします。
焦がしネギの作り方は長ネギ15㎝分をみじん切りにし、大さじ1のごま油でじっくり弱火で炒めます。
この焦がしネギで香り・旨みが倍増します。


シメは炒ったカレー粉でカレーラーメンにするのがおすすめだそうです。



エントリーNo.2岩城優子さん
塩手羽とシャキシャキもやしの香り鍋:94円
無題1.png

はなまる料理選手権での優勝経験もある料理上手な奥様です。

100円鍋のお得ポイント
激安手羽がダシに!具に!
[マル秘]節約野菜でお腹もお財布も大満足♪


材料(4人分)
手羽元    12本:276円
もやし     2袋:50円
すだち     1個:33円
長ネギ    少々:18円
しょうがの皮 少量:0円


安い食材には手をかけるのが鉄則と言うだけあってもやしはひげ根をとったあとに50℃洗いをします。
50℃洗いをすることでもやしがシャキシャキとした食感になります。

手羽元は安いときにまとめ買いし、塩をして冷凍ストックしておくそうです。
これを「塩手羽」と呼び、水気をよく取り2%の塩を振って半日以上寝かせたものでポトフやシチューなどの煮込み料理にも大活躍です。
塩をして保存することで旨みが肉に凝縮されて無駄な水分もなくなるそうでお鍋にはもってこいです。


最初に水1リットル、塩手羽12本、長ネギ少量、しょうがの皮少量を一緒に入れてあくを取りながら弱火で30分以上煮込みます。
仕上げに輪切りにしたすだちをいれ、煮詰まったら水を足します。
食べる直前にもやしを入れたら完成です。

お好みで黒コショウをかけてもおいしいです。
シメはお茶漬けがおすすめだそうです。




エントリーN0.3加藤真弓さん
イタリアンおじや湯豆腐:94円
無題12.png

日本料理研究家の斉藤辰夫さんの料理教室に通っている実力者です。

お得ポイントは
最後の汁まで楽しめる湯豆腐
初めからシメ~?


材料(4人分)
ごはん    3膳:0円
絹ごし豆腐  2丁:147円
ぶなしめじ  2袋:188円
万能ネギ   3本:40円


シメではなく最初からごはんを入れておじや風にして汁もムダなく使うのがポイントです。

まずは、鍋のスープを作ります。
水1.2リットル、めんつゆ(3倍濃縮)1/2カップ、ごはん3膳を入れて7,8分沸騰するまで煮込みます。
ごはんのとろみが出てきたら適当な大きさに切った豆腐を加え、弱火で煮込みます。

イタリアンということでジェノベーゼソースを使います。
最後まで使い切れずに余っていたジェノベーゼソースをお鍋に入れてみたらおいしかったそうです。
砂糖小さじ1、塩小さじ1/2、しょうゆ大さじ1/2、白だし小さじ2、酒大さじ2をジェノベーゼソースに加えて合わせます。
細かく切ったしめじを大さじ1のオリーブオイルで炒めたところで先ほど合わせたジェノベーゼソースを加え、水分がとんで煮詰まったら鍋に投入します。

仕上げに万能ねぎをちらしたら和と洋の合わせ鍋の完成です。


お好みで粉チーズをかけるとおいしいそうです。




選手権の結果
優勝はエントリーNo.3加藤真弓さんの「イタリアンおじや湯豆腐」でした。



最後にプロの技
ゆるり屋 渋谷道玄坂 総料理長の吉村理
無題3.png

鍋を豪華にボリューム感をアップさせるためにメレンゲを使用します。


材料(4人分)
鶏もも肉    230g:182円
大根      1/2本:60円
白ぶなしめじ 1袋:95円
卵        2個:34円
豆乳(無調整) 200cc:28円


旬な大根は皮ごと細く切り鍋に敷き詰めたら、水800cc、鶏ガラスープの素大さじ1+1/2を入れて火にかけます。
大根が煮えたら弱火にし豆乳200cc、鶏もも肉、白ぶなしめじを加えて煮込みます。

続いてメレンゲを作ります。
卵白2個分に塩小さじ1を泡だて器で混ぜて泡だってきたら、湯煎しながらさらに泡立てることでメレンゲがはんぺんのような食感に変わってきます。

できたメレンゲを鍋にのせてふたをして1,2分蒸らしたら完成です。


シメにはメレンゲで余った黄身を使って雑炊などをしたらおいしそうです。


ゆるり屋さんの情報
ダウンロード (2).jpg

住所:東京都渋谷区円山町5-18道玄坂スクエアビル2F.
TEL:03-6415-1596.
営業時間: [月~木]11:30~14:30 18:00~23:00
       [金]11:30~14:30 18:00~23:30
       [土日祝] 17:00~23:00


鍋は11ジャンルで101種類あります。
一、定番鍋 春夏秋冬 年中人気
二、変わり鍋
三、道玄坂ちゃんこ
四、鶏鍋
五、豚鍋
六、ご当地日本の鍋
七、海外編 世界の鍋
八、ぜいたく鍋
九、滋養鍋
十、五種葱鍋(赤葱、何白葱、九条葱、千住葱、下仁田葱)
十一、姫鍋

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。